ワンレン屋根塗装
ワンレン屋根塗装
ホーム > > 葉酸サプリの効果と構成物について

葉酸サプリの効果と構成物について

葉酸の構成物は、生理活性物質であるビタミンM、ビタミンB9、プテロイグルサミン酸とも呼ばれる、水溶性ビタミンに分類されます。

生物の生育に関する必須成分、補酵素として働く栄養素です。

タンパク質やタンパク質の構成物であるアミノ酸の代謝と関係する物質で、不足すると赤血球障害や悪性貧血を引き起こします。

妊娠中~妊娠前に多く必要とされ、生まれてくる乳児の下肢の麻痺や変形、膀胱・直腸障害に因る排泄障害などが症状として見られる「二分脊椎症」のリスクを低下させることができます。

妊娠前~妊娠初期に必要な摂取量は一日0.4mg(400μg)以上と一般成人の約2倍とされています。

葉酸が含まれている食品は、、レバー、緑黄色野菜、果物などに多く含まれ、肉や魚は少なめです。

不足がちになりやすい栄養素なので葉酸サプリをおすすめします。

バランスが大切なので、食事のメニューが偏りがちになる場合に、補う程度で摂取しましょう。

葉酸サプリに頼り切るのは厳禁です。

葉酸サプリには天然のものと化学合成のものが存在します。
よく確かめ、自分に合った葉酸サプリを選ぶことを心掛けてください。
こちら(⇒サプリの効果や安全性の徹底調査はココ@ベジママ葉酸口コミ会議)のサイトでさらに詳しくみる。